スポニチ大会 三菱横浜対JR九州 かずさマジック対三菱神戸


第一試合 三菱横浜対JR九州





先発は神奈川MVP亀川とふそうに完勝した米藤

   


三菱横浜は2回、田城の二塁打、高安の四球などで満塁から
保谷のタイムリーで先制

      
右中間っす





さらに本間もタイムリーで2点目

   




3回は渡部がレフトポールに当てるホームラン
   



亀川はノーヒットを続けるも1安打だけ許す


JR九州も濱野にスイッチしてから三菱横浜は音無し




三菱横浜は8回から門西を投入、1失点も抑えきり勝利

        
もんざぁ〜いっ




第二試合 かずさマジック対三菱重工神戸




パリーグファンにはうれしいコーチ二人と鈴木監督

        


   



先発はプロ注目山本とNOMOクラブから移籍の良川

    

初回、かずさは和田のタイムリー、河本のタイムリーで2点


      


  

3回、ルーキー四番の島影。
三菱神戸にしつこく「スライダー打てない」と言われて、そのスライダーをレフトへ二塁打

    


鬼崎がライト線に運んで、3点目


7回に良川がピンチを迎え、斎藤にスイッチ。一点返される


7回裏、島影の二塁打で4点目
      



8回、齊藤がランナーを出して末次がピンチで打たれ、4−4
三菱神戸は木林に交代


  


9回は末次が何とか抑えて延長へ。
延長10回に2アウトから1アウト3塁1塁から山川に交代。
山川がキャッチャーフライに打ち取りピンチを凌ぐ


      


10回、先頭の島影がレフトに叩き込んでかずさがサヨナラ。


      




SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO