スポニチ大会 3.21 大田スタジアム


第二試合 Honda対JR九州

   



HONDAは筑川、JRは濱野が好投で八回までゼロ更新

  
東海大相模                                      サイドから130キロ後半


最低の男 長野のバットをへし折る


読売で一生川崎に幽閉されてろボケ

九回、ショートゴロとエラーでホンダが二点を先制



九回裏、筑川が四球などであっという間に満塁

  



  


ここで同点タイムリーが出る


さらにサヨナラヒットが飛び出し大逆転

   



  




第三試合 ふそう対富士重工

  


ふそうの吉田は一回にいきなり失点。さらに3回に二本の本塁打を打たれ3失点

  

富士重工の新人内田は1回のピンチをしのぐと3回に佐々木に一発を浴びるも好投





  
石塚がヒット                                         後続なし





その後ふそうは必死の継投


  
川尻                                               五嶋



福山




六回に松尾の内野ゴロの間に一点追加



富士重工は二番手永井。 三振を取り捲る

   



  


    
     
西郷も三振


結局そのまま4−1で富士重工の勝ち

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO