2008 日本選手権 神奈川県二次予選 一日目


第一試合 三菱ふそう川崎対相模原クラブ

つくとふそうが先制していた

   


先発は矢貫と中屋。中屋もふそう相手に頑張る。矢貫は5回まで完全

  


4回に三垣のタイムリー二塁打で1点

      



5回は石塚がレフトスタンドに叩き込んで5−0

     

ふそうは七回にワイルドピッチ、植山のヒットでコールド。


      






第二試合 東芝対茅ヶ崎サザンガイツ





東芝先発は増井。サザンガイツは埜村。
サザンガイツも頑張るが、東芝がコールドで勝利

      




第三試合 新日本石油エネオス対三菱重工横浜

エネオスは完全若手モード


  



先発は門西と永棟
      

初回三菱横浜はチャンス作るもゼロ。
三菱横浜の社員の方の拍手がすごい



エネオスが三回に一点を先制。しかし、三菱横浜は3回に塩澤のエンドランでチャンスを広げ満塁から田城がタイムリー
        


しかしその後は抑えられ、1点どまり。
三菱横浜は亀川、エネオスは大川が好投して1−1が続く

    



三菱は七回、坂上の内野安打、バントでチャンスを作って塩澤がレフト戦へ勝ち越しタイムリー

      




さすが


その後も亀川は危なげない投球。代打池田、応援団が来てたがポップ


エネオスも清見を出して一点差
   

9回裏、一点差でランナー二塁。ツーアウトから代打池辺もセカンドフライに打ち取り試合終了。

    



  


SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO