都市対抗野球 エネオス対三菱名古屋


先発は田澤と大谷

   




三菱名古屋は初回もチャンス、三回はランナーをワンナウトセカンド、サードに進めるも力でねじ伏せられる

   

      


大谷も初回に池辺を三振に取るなどほぼ完璧。四回に初安打を許して三塁までいくも抑える
  
プロに行かせてやりたい気もする

投げあいは6回、池辺のあたりをショートトヨタの福田がエラー




直後に柳田がレフトスタンドへツーラン。2−0

     
大谷は悪くない



7回にピンチのところで白倉。エネオスは補強の田城が登場ッス。

    
                                      初球セカンドゴロッス


エネオスは8回、猛打賞の平田を置いて、平馬がタイムリーで3点目

      



結局田澤が完封で8強進出

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO