第79回 都市対抗野球 二日目


第一試合 東京・鷺宮製作所対にかほ・TDK

つくとちょうどTDK四番高倉のHRで2点を先制

鷺宮はNTT東の黒田が先発  TDKも野田じゃなく田口 

   



鷺宮はすぐに村上タイムリーで一点を返す



2回に久保がライトへ2ランであっさり逆転

       
ライトへ持っていった

ベテラン元JTの江井

TDKは補強の森内に交代



4回に一点追加で4−2
    



5回表、TDKは1アウト1塁3塁のチャンス。鷺宮は岡崎にスイッチ。佐々木が犠牲フライ


      
                                     ミスター鷺宮
     





その後岡崎がTDKに点を与えない。TDKも森内が踏ん張る。そしてエース野田を投入




そして九回、追い詰められたTDKはワンアウトから連打。
そして勝ち越しタイムリーで同点。ただ一塁ランナーがサードを欲張ってアウト
       

鷺宮は小高



抑えて延長へ


11回裏、野田が二塁打、バントで1アウト三塁から満塁策をとる
       


ここで野田が三振、ライトフライでピンチをしのぐ

   
見逃し三振                                  さすがに野田だ


TDKは12回表にチャンスを迎えてタイムリーと思うあたりが出るもショート狩野のファイプレーに阻まれる

そして12回裏、その狩野に一発撃たれて終了
            


野田が打たれたなら、仕方ないだろう

   
また、来年・・                                    走塁ミスが痛かった。


第二試合 東京・JR東日本対大阪・日本生命





先発は斎藤貴と38歳土井

    
エース                                        38歳でMAX144


4回に日本生命が高橋のホームランで先制


6回裏、満塁からまず片岡のゴロで先制

      



さらに高尾がタイムリーで勝ち越し、3点目はアウト


      
                                                               危ないスライディングに


危険なスライディングに日生ナインが怒る 少し小競り合い

7回から坂上。しかしピンチを迎えて木村にスイッチ センターの補強の清田が足を痛めて退場

      
オイオイ                                             これで二人目だ                    東京ガス


満塁からセカンドゴロと思ったらセカンドがトンネルして同点。しかしその後のチャンスは抑える

      


しかし8回にトンネルした斎藤が取り返すホームラン、さらに池田にもホームラン。
土井から梶野にスイッチ
       


なかなかいい投手だった

デュプロの味園も出た。多井はスケールが小さくなった

   


日生は九回に粘りを見せる。ワンアウト一塁二塁で、木村をファーストに入れて木城を投入

        


続く高橋がセンターを襲うあたりもセンターにジャンピングキャッチされる

   


木城が抑えてJRの勝ち


SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO