都市対抗 関東代表決定リーグ戦 東芝対明治安田生命



着くといきなり東芝のセカンドランナーが牽制で刺されていた

先発は木戸と松山

     

一応昨年の都市対抗胴上げ投手


東芝は三回、ワンアウト二塁から久田見にヒットが出るも安田が刺されてアウト
     


タックルでボールを落とそうとした

その後も東芝は打てない


そうしている間に明治安田が米丸のスクイズで先制

         






さらに六回、代わった中野から本田がタイムリー三塁打
             




             
早稲田だって



東芝は6回にチャンスを迎えるも明治安田が吉井にスイッチしてゼロ
         



東芝もピンチを迎えるが藤田が踏ん張る


気合十分

東芝はその裏、久田見が四球で出てチャンスになるも牽制アウト。
その後チャンス作るも大河原がレフトフライ




九回裏、結城、平馬の連続ヒットから安田のあたりを二遊間がお見合いで抜け、一点返す

           




なお無死一塁二塁で明治安田は平田。伊勢がバント成功
  



どう考えてもサヨナラの場面で飯田がファーストフライ。犠飛もできず

     
ありえない


代打迎里は敬遠。

井関勝負も井関凡退で2−1で明治安田の勝利

  


  
表情が険しい印出監督



いくらなんでもワンアウト二塁三塁で一打サヨナラで点が1点も取れないなんてねえ。

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO