都市対抗神奈川二次予選 三菱ふそう川崎(川崎市)対東芝(川崎市)


ふそうとしては一年越しの恨みを晴らす試合



ふそうはエースの佐藤大士 一回ランナー出すもゼロ




東芝は山川。

竜司じゃないよ


ふそうは一回、市川の盗塁でランナー二塁から四番西郷の先制タイムリー

         
                                       さすがとしか形容詞がない



二回は二塁三塁から根岸が2点タイムリー

         


         




その後ふそうはチャンスを作るも代わった東芝・中野に抑えこまれる

  
甲子園完全試合投手                      これが本物のファイター読売の雑音はそっこくやめろ


5回に東芝も反撃して1点返す




7回、ふそうはチャンスを迎えるもスクイズをはずされる。嫌な雰囲気に


     
一塁二塁から                                    偽装バントでダブルスチール


スクイズを試みるもはずされる


しかし佐藤が隙を見せない。
西郷が一二塁間のゴロをダイビングキャッチしてアウトにした。



そのまま佐藤が完投勝利。第一代表決定戦進出

          

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO